野球少年のパフォーマンスアップのための体幹トレーニング 高槻市 岩﨑整骨院

野球の練習では 体幹、体幹と言われますが
いったいどこをどう鍛えればよいのか?

 

一昔前では 単に上体を起こす腹筋や足上げ、
背筋では上体を反ったり捻ったりする運動ががほとんどでした。

 

最近ではフロントブリッジ、サイドブリッジなど
取り入れてるチームが多いように思います、

 

無題

 

しかしどうでしょう、野球の動作にちゃんと
繋がっているでしょうか?

 

力がつき筋力アップはしますが、
スムーズに使えているかどうかが肝心です。

 

上記の運動だと腹筋が固くなってしまい
骨盤が後ろに傾いてしまいます。

いわゆるへっぴり腰です。

 

この状態ではおへその位置が後ろになってしまうので、
投球時に胸を張ることができません。

 

骨盤を前に傾けて 腹圧をかけ、
そこで初めて胸郭が引き締められ、
肩甲骨が安定し腕をしならせることができます

 

へっぴり腰だと胸が張れず手投げになり、
肩、肘の障害につながります。

 

腹圧を上げたり、パフォーマンスに近い動きの
トレーニングが必要となってきます。

 

   むやみにやらず、一人一人の身体をしっかり見て
   その子にあったトレーニングを考えましょう

 

 

DCIM0057DCIM0159

 

高槻市高槻町19―2‐1F 
岩﨑整骨院
072―685-4970

 

岩﨑整骨院

〒569-0803
大阪府高槻市高槻町19-2 みずきマンション1F

  土祝
8:30
12:30

13:00
まで
-
16:00
20:00
- - -

祝祭日は不定期でお休みをいただくこともあります。

阪急高槻駅より徒歩約3分
JR高槻駅より徒歩6分