投球による肘の痛みは高槻市の岩﨑整骨院で!

投球による肘の痛みを経験された方は結構多いのではないでしょうか?
何度も繰り返し使うことにより知らないうちに負担を受けています。

 

images

 

症状がきつくなると、投げるのが怖くなり、
痛みを回避するためにフォームがおかしくなって
全体のバランスが崩れてしまいます。

 

放っておくと痛みがきつくなってきます。
痛くなって初めて病院に行く方が多いのではないでしょうか?

imagesQZH72LTO

 

しかしほとんどの医療機関は、患部だけを診て、
なぜそのようになったかまでは診てくれません。

 

安静にしたり、患部の治療や手術をして回復したとしても
身体の使い方がよくないとまた同じことを
繰り返してしまう可能性が高いです。

 

チームによっては自分の経験だけで教えている指導者がいるので
間違った身体の使い方を繰り返していると故障につながります。

 

images69WBNK6Y

 

もちろん経験も大事です!
しかし、経験がその選手にあっているとは限りません!
ひとりひとり身体は違います。

 

成長の早い遅いなど
その子にあった指導が必要!

 

もし痛みを感じたり、投げ方がおかしいなと思えば、無理をせず
指導者に報告し、医療機関にかかってください。

 

nenza_img03

 

岩﨑整骨院では、そういった故障を抱えた選手を
早く復帰させるために患部だけでなく
身体全体の運動連鎖を診て治療プログラムを立てております。

 

IMG_1198

 

症例

 

大学生 投手 右投げ右打ち

2日前、リーグ戦のゲームで6イニング目から右ひじの張りを感じ
その後球威が衰えながらも完投。クールダウンをしっかりしたが
軽いキャッチボールでも痛みがあります。
タオルスローを見てみると、首が投球方向に
向きにくいので左肩の開きが早く、骨盤も早く開いてしまい、
いわゆる手投げになっています。

 

baseball-1505740__340

 

身体を評価すると、首の固さ、両股関節の固さ、胸郭、
肩甲骨の動きに制限があります。
それぞれに対するアプローチを行い、ストレッチポール、
肩甲骨、股関節の体操などで胸郭の動きを出し、
その結果無理のないフォームになりました。

 

imagesYO98WN63

 

結局、上腕の回旋で投げることができず、
肩関節の水平屈曲を使って投げていたので
肘が伸び切ってしまい、それが繰り返され、
肘の内側に痛みが出ていました。

 

身体全体の運動連鎖!

 

このように肘だけでなく、なぜそこに負担がかかるのか、
身体全体の運動連鎖を診て評価しリハビリ、トレーニングの
プログラムを作成して、早期に競技復帰できるように
持っていくように努力しております。

 

DCIM0057

DSC_0293

t02200165_0640047911745901955

DSC_0295

 

高槻市高槻町19―2‐1F 
岩﨑整骨院
072―685-4970

 

栗田塾

 

 

岩﨑整骨院

〒569-0803
大阪府高槻市高槻町19-2 みずきマンション1F

  土祝
8:30
12:30

13:00
まで
-
16:00
20:00
- - -

祝祭日は不定期でお休みをいただくこともあります。

阪急高槻駅より徒歩約3分
JR高槻駅より徒歩6分