野球肘、原因は?高槻市の岩﨑整骨院では身体全体の運動連鎖を診て評価します!

野球肘は、野球で投げる動作により肘を痛めるスポーツ障害の事であり、1種類ではありません。
野球ほど、肩や肘などに同じ力がかかり続けるスポーツ動作はなかなかありません。
成長期の小中学生の関節付近には、大人の骨に比べて明らかに弱い成長軟骨があります。
そのため、小学生の野球選手における野球肘の発生率は頻度が高いです。

 

yjimageKYSWKCQ3

 

野球肘には、肘の内側型と外側型のおおまか2種類に分かれます。
内側型の方が圧倒的に多く、野球少年に多く発症します。

投げる動作で肘の内側が離れようとすることが繰り返されで発症し

少年期では靭帯が付着している軟骨などが損傷を受けます。
しかし、多くの場合は安静にすることで軽快します。
無理をさせると重症になることがありますので気をつけなければなりません。

外側型は、肘の上の上腕骨と橈骨が、投球動作でぶつかることで関節軟骨を傷つけ、
それが繰り返されて発症します。頻度は低いものの、悪化すると手術となることもあります。

 

hijizu2

 

 

小学校高学年頃からスポーツを本格的にはじめる子が多いので。
この時期に練習に熱中しすぎると将来のスポーツ人生に
影響をあたえることがありますので、指導者や親御さんが
細心の注意を払ってあげることが重要です。

 

15035677_342079122839201_1934513369595772928_n

 

予防

成長期の野球肘を予防するには、投げる球数を。ことが大切です。
特に全力投球をする数を多くしないことです。

また、本人は痛みがあっても友だちと一緒にプレーしたいために我慢しながら投げ続けることが多いようです。

 

痛みがあったら我慢せずに指導者や親御さんたちにすぐに相談することや
まわりが投げ方の異変などに気づいたらすぐに聞いてあげるなどで発症を防ぐ手段になりますので
そういったことも理解しておく方がいいでしょう。

 

baseball-1505740__340

 

当院での施術例

12歳 投手 右投げ

同日にダブルヘッダーで両試合に完投し
翌日から安静時にも痛み、鉛筆や箸を持っても痛みあり。

 

評価としては右肘関節屈曲、右肩関節セカンド外旋で右上腕骨内側上顆に痛み。
右股関節内旋制限 骨盤前傾、両肩甲骨外転。タオルスロー インステップ。

 

右大腰筋、右斜角筋、橈側手根屈筋のダイレクトストレッチ、
胸郭のモビライゼーションを施し、投球フォームでは右股関節の粘り、
頭部の位置を指導しました。

 

宿題として自宅でのストレッチ、股関節内旋運動指導。
1週間の投球禁止、タオルスローはOK。
1週間後軽いキャッチボール開始し、徐々に距離、強度を上げ、
投球数を考えながら練習するように指導しました。

現在は痛みも無く全力投球できています。

 

一例ではありますが、できることは積極的にやり、
無理をすることは絶対に禁物です。

 

当院では様々な症状の選手が、少年からプロ野球選手まで
幅広く来院していただいています。

 

IMG_0768IMG_0766

 

お困りの方はお気軽にご相談ください!

 

nenza_img03

 

 

岩﨑整骨院

〒569-0803
大阪府高槻市高槻町19-2 みずきマンション1F

  土祝
8:30
12:30

13:00
まで
-
16:00
20:00
- - -

祝祭日は不定期でお休みをいただくこともあります。

阪急高槻駅より徒歩約3分
JR高槻駅より徒歩6分