野球肘、原因は?高槻市の岩﨑整骨院では全身の運動連鎖を診て早期回復を目指します!

野球肘は、野球で投げる動作により肘を痛めるスポーツ障害の事であり、1種類ではありません。
野球ほど、肩や肘などに同じ力がかかり続けるスポーツ動作はなかなかありません。
成長期の小中学生の関節付近には、大人の骨に比べて明らかに弱い成長軟骨があります。
そのため、小学生の野球選手における野球肘の発生率は頻度が高いです。

 

 

hiji1

野球肘には、肘の内側型と外側型のおおまか2種類に分かれます。
内側型の方が圧倒的に多く、野球少年に多く発症します。

投げる動作で肘の内側が離れようとすることが繰り返されで発症し
少年期では靭帯が付着している軟骨などが損傷を受けます。

 

しかし、多くの場合は安静にすることで軽快します。
無理をさせると重症になることがありますので気をつけなければなりません。

外側型は、肘の上の上腕骨と橈骨が、投球動作でぶつかることで関節軟骨を傷つけ、
それが繰り返されて発症します。頻度は低いものの、悪化すると手術となることもあります。

 

matsumoto-sinkyu-seikotsuin_20180726082547

 

 

小学校高学年頃からスポーツを本格的にはじめる子が多いので。
この時期に練習に熱中しすぎると将来のスポーツ人生に
影響をあたえることがありますので、指導者や親御さんが
細心の注意を払ってあげることが重要です。

 

images1LFE4L0O

予防

成長期の野球肘を予防するには、投げる球数を。ことが大切です。
特に全力投球をする数を多くしないことです。

 

 

yjimageKYSWKCQ3

 

また、本人は痛みがあっても友だちと一緒にプレーしたいために我慢しながら投げ続けることが多いようです。
痛みがあったら我慢せずに指導者や親御さんたちにすぐに相談することやまわりが投げ方の異変などに気づいたらすぐに聞いてあげるなどで発症を防ぐ手段になりますので、そういったことも理解しておく方がいいでしょう。

 

身体全体を診ることが重要!

 

肘が痛いからといってそこだけを診て一時的に痛みがとれたとしても、
同じ動きをすれば繰り返してしまうことが多いようです。
なぜそこに負担がかかるのか?なぜ痛みが出るのか?
病院や治療院ではそこまで診てもらえません。

 

姿勢やクセ、投球フォームなどを評価しなければまた同じ事になり、
あるいは前以上に悪化してしまうことが懸念されます。

 

images6VUPC3M1

 

 

岩﨑整骨院では身体全体の運動連鎖を診て評価し、
トレーニング、リハビリなどのプログラムを作成して
早期回復に努めて参ります。

 

IMG_1196IMG_0898IMG_0870

 

 

 

ご予約お待ちしております!

 

 

岩﨑整骨院

〒569-0803
大阪府高槻市高槻町19-2 みずきマンション1F

  土祝
8:30
12:30

13:00
まで
-
16:00
20:00
- - -

祝祭日は不定期でお休みをいただくこともあります。

阪急高槻駅より徒歩約3分
JR高槻駅より徒歩6分